各班紹介

私たち鳥科は、機体製作をいくつかの班に分けて行っています。
主に、機体の翼の製作にかかわっている翼班

パイロットが乗るコックピット部分をアルミのフレームなどを用いて作るコクピ班

機体の桁の接合や、部品同士の接着を担当する接合班

操舵や機体の速度や高度をパイロットに知らせる機器を製作する電装班

この四つが主な製作班です。
またこれらの班に加え、機体の設計者が数人います。
設計者が設計した機体通りになるよう、設計者の指示のもと、四つの班が製作を進めていきます。





翼班

翼班は主翼、尾翼を製作する班です。
そんな翼製作の過程はこちら↓

@マスターを作る

 マスター:翼型を印刷した紙をボール紙に貼り付けて線に沿ってカッターで切ったもの。リブを切るための型紙。


マスター

Aリブを作る

 リブ:発泡スチロールをマスターに沿って電熱線で切り出したもの。切り出した後に線引きをして、ウェブ材、側面キャップをスチレンボンドでつける。翼の小骨。


リブ

Bリブ付け

 エポキシ樹脂でリブを桁に対して垂直に取り付ける。


リブ付け

Cストリンガーを付ける

 ストリンガー:翼の骨組み


ストリンガーを付けたあと

D後縁を強化する

 後縁をヒノキの後縁材で挟み、その隙間に発泡スチロールの充填剤を入れてバルサで蓋をする。


後縁

Eプランクを貼る

 両面テープで翼をスチレンシートで覆う。
 プランク:外皮。これが翼型を再現する。


プランク貼り

Fリブキャップを付ける

 リブキャップ:各リブのお腹と背中に付けるバルサ。リブの背骨。

G塗装をする

 塗装はGerberaのもの。


塗装

Hミレファンを貼る

 ミレファン:翼を覆うフィルム


ミレファン貼り

Iアイロンをかける

 ミレファンのしわを伸ばして張りを強くするためにアイロンをかける。
 この工程は琵琶湖の湖岸で行う。

J完成!

 あとは琵琶湖の空で翼が頑張ってくれることを祈るのみ!


Gerberaの垂直尾翼





コクピ班

コクピ班は主に機体の胴体部分をつくります.去年の機体「Gerbera」でいうと,このあたり.


2016年度機体Gerbera コックピット部


それではコクピ班がつくるものをざっくり紹介します.

まずパイロットが実際に乗り込む部分となるフレーム.今年はアルミパイプをリベットで接合してつくりました.


フレーム


アルミパイプを切ったり,曲げたり,リベットを打ったり,フレーム作りはなかなか筋力が必要になる作業です.

つぎにフレームの周りをおおうフェアリング.切り出した発砲を貼り合わせて,表面が滑らかになるまでやすってつくります.


フェアリング(塗装前)


やすった後のフェアリングはすべすべで可愛くて,ずっとなでていたくなってしまいます.

そしてパイロットが機体内部から外を見る窓となるキャノピー.まず,石粉粘土を発砲に塗ったりやすったりして「御神体」とよばれる型になるものをつくります.


琵琶湖の夕日に照らされる御神体


その型に熱した塩ビ版を押し当てて成形したものをつなぎ合わせたものがキャノピーになります.
この成形作業は公園のBBQ場を借りて行っていて,作業が終われば焼肉やら炙りマシュマロ(!)が食べられます(∩´∀`)∩

                                  

キャノピーの成形とBBQ


このようにコクピ班ではアルミから粘土に至るまで様々な材料を使って,いろいろな作業を行っています.
またコックピット部分はチームによって作り方がかなり違い,自チームならではの工夫をしやすいパーツでもあります.
私たちも安全かつパイロットにとって乗り心地の良いコックピットを作れるように製作がんばります!




接合班

主な仕事はカーボンクロスを用いてCFRP(炭素繊維強化プラスチック)を使った部品を作ることです。

これがカーボンクロスです。


 エポキシという樹脂を使って成型し、目的の部品を作ります。
 

 フランジ
 翼同士を接合するための部品です。桁と呼ばれる機体の骨にあたる部分に取り付け、ボルトを穴に通して接合します。



  尾翼
 マウントと呼ばれる部品を作って尾翼を接合しています。滑空中に尾翼が思ったとおりに動くよう、試行錯誤を何度でも繰り返します。



  T字
 胴体、翼の桁が交差する部分にあたります。機体の要なので、十分な強度が要求されます。この部分の積層は接合班にとって一年に一度の大きなイベントです。



  上反角
 桁をある一定の角度、つまり写真のような上反角をつけて使用する年があります。

 

 どれもあまり表に出る部分ではありません。またエポキシや、CERPを加工するうえで出る粉塵など汚れるようなこともあり好みの分かれる作業です。
 しかし十分な強度で作らなければ機体は成立しません。接合班はそのような仕事を買ってでる、心のきれいな人たちの集まりです。





電装班

電装班は大ざっぱに言うと電気が通っているものを扱う班です。
サーボモーターで尾翼を動かしたり、パイロットに様々な情報を伝えるための計器類の作成、GPSや慣性センサで取得した飛行データの整理などを行っています。
パソコンに向かっているか、はんだごてを握ってばかりいるイメージがありますが、意外とボール盤やヤスリなどにお世話になることも多いです。
手先が器用な人、電子工作やプログラミングが得意な人はもちろん、データを活用できる物理が得意な人も募集中です。







全班、見学はいつでも大歓迎!